PSF経営とナレッジ・リーダーシップ

■デービッド・メイスター David Maister

david_maister.jpg

プロフェッショナル・サービス・ファーム(PSF)のマネジメントに関する世界的権威。25年にわたって世界中のPSFのコンサルタントを務め、戦略やマネジメントのさまざまな問題を扱ってきた。トム・ピーターズが「PSF経営の師」として賞賛するほか、マッキンゼー、アクセンチュアなど世界中のコンサルティング会社に数多くの信奉者をもつ。

『エクセレント・カンパニー』の著者、トム・ピーターズは次のように言う。

  • 「プロフェッショナル・サービス・ファームはいかなる業種においても明日の組織としての最良のモデルだ。こうした企業について理解しようとしたときには、デービッド・メイスターの右に出る者はいないのだ。」
  • 「PSFについての研究はあまりなされてこなかったが、師と仰ぐべき人がいる。デービッド・メイスターだ。」
  • 「PSFはすべてだ!」(The PSF is everything!)

略歴

イギリス生まれ。バーミンガム大学で数学、経済学、統計学の学士号、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでオペレーションズ・リサーチの修士号、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)で博士号を取得。1979年から85年までHBSで教授を務めた後、独立してコンサルティング会社を設立。現在は、40%の時間を北米でのコンサルティングや講演に費やし、35%をヨーロッパ、25%を残りの地域で使っている。

メイスターはボストン在住で、世界各国のPSF経営者へのアドバイザーとして活躍している。日本では、これまでも2冊の著作が紹介されてきたものの、一部の業界に関心がとどまっていた。同氏は2009年から知識リーダーシップ綜合研究所(略称:知識綜研)のアドバイザーを務めており、本書を契機に活動や考え方の広がりを期待したい。

maister photo 3.jpg

2009(c)禁無断転載 本ページはDavid Maisterの許可を得て紺野登及びKIRO (http://www.knowledgeinnovation.org)が『脱「でぶスモーカー」の仕事術』のために制作しました。

脱「でぶスモーカー」の仕事術
トム・ピーターズが「プロフェッショナル・サービス企業経営の師」と仰ぐ、メイスターの最新作

PSFとは基本的には独立した「個」であるプロフェッショナルが、組織的に働くことのできる企業である。本書はプロフェッショナル・サービス・ファームに関わる人々のために書かれたものだが、冒頭で触れられているように、メーカーも含む多くの業種の人々に大変有意義なものとなっている。会計事務所やコンサルティングファーム、シンクタンクや広告会社やリクルート・サービスなどだけでなく、たとえば、メーカーの新事業開発プロジェクトチーム、研究所、デザイン部門などにも有意義だろうし、製薬会社のMR(営業)、ソリューション営業、ITサービス業(システムインテグレーター)、建築事務所、デザイン事務所、あるいは公共サービスからNPO、そしてもちろんスポーツジムやホテル、歯医者、葬祭業等々、顧客との直接的関わりを通じて価値を生み出すことを狙い(戦略)とする多くの人々(マネジャー)にとって、感動的な発見(あるいは耳が痛い経験)をもたらすだろう。

デービッド・メイスターについて

デービッドのページに行く

  • ナレッジワーカー組織としてのPSF
  • PSF経営の利益方程式
  • 財務に直結する従業員満足度
  • 顧客との関係性